illustrator

SVGの書き出し時にサイズ指定をする方法

投稿日:

illustratorでSVGを書き出し、ブラウザで確認すると、予想より縦横のサイズが大きてびっくりすることがある。原因は書き出し方にあるので、今回はその方法を記載。

まず「アセットの書き出し」の設定を確認する

illustratorでSVGを書き出す前に、まず「アセットの書き出し」を開き「形式の設定」を開けSVGの箇所を確認する。すると、デフォルトで「レスポンシブ」にチェックが入っている。

※「アセットの書き出し」が見つからない場合は、ツールバー>ウィンドウ>アセットの書き出し で表示させる。

レスポンシブ設定とは?

レスポンシブ設定とは、widthとheight属性を削除して書き出し、widthとheightを100%のように表示する設定。

IEやAndroidで表示が崩れることもあるので、あまりおすすめできない。

SVGの縦横のサイズを保持したい場合

この「レスポンシブ」のチェックを外して書き出すと、もともとの縦横サイズで書き出してくれる。

 
スポンサーリンク

テスト

テスト

-illustrator

関連記事

スマホで撮ったイラスト画像をベクター画像に

①iPhoneなどのスマホで「Adobe Caputure CC」アプリを起動してイラストを撮る。 ↓ ②手書きの線がベクター化される。 ↓ ③Adobe Creative CroudのCCの「マイラ …